筑前煮

今回は筑前煮の作り方を紹介します。

筑前煮は私の最も得意とする料理の一つですが、干ししいたけの旨味が良く強調されるのではないかと思います。

多少手はかかるものの、非常に美味しく、失敗が少ないというのが特徴です。

できあいの物は大分味が濃いですが、やや調味料を少なくすることで、ダシの旨味がよく出ます。

 

作る時間:約2時間15分

食材:人参(1本)、はす、干ししいたけ、ごぼう、こんにゃく、さやえんどう、鶏肉(もも)

使う調味料:砂糖、醤油、料理酒、サラダ油

だし汁材料:だし昆布、だし用かつお節、干ししいたけを戻した汁

 

 

1、したごしらえ

干ししいたけは前日より水に浸し戻しておきます。

戻した汁はダシ汁として使いますので、昆布も一緒に浸しておくといいです。

 

鶏肉は3cm角に切って酒に浸します。

 

戻した干ししいたけは四つ切にします。

 

こんにゃくは一口サイズに切ります。(あくぬきが不要でなければ、熱湯でゆであくを抜く必要があります。)

 

はすは一口サイズに切り水に浸します。

 

ごぼうは袈裟切りにし、水に浸します。

 

人参は皮を剥き一口サイズに切ります。

 

 

2、炒める

厚手の鍋にサラダ油をしき、鶏肉を炒めます。

 

鶏肉の色が変わりましたら、ごぼう、はす、こんにゃく、人参、干ししいたけの順に加えて炒めます。

 

3、煮る

炒め終わったらダシ汁、ダシ用かつお節を加え酒を1/4カップ、砂糖を大さじ4加え中火で煮ます。

調味料は味をみながらお好みで調整して下さい。

あくが出てきたらすくい取って下さい。

 

5分後に醤油をおおさじ3.5杯加え、20分ほど煮ます。やや弱火がいいです。

 

煮る時は置き蓋をするといいです。

20分後には置き蓋は取って下さい。

 

その間に、さやえんどうは筋を取って軽く塩ゆでをします。

 

置き蓋を取ってからは更に30分弱火で煮、汁気を飛ばします。

終わりに近づいてきましたら、できるだけかつお節は取って下さい。

 

4、盛り付け

盛り付けをし、さやえんどうを添えます。

そして完成となります。

透明感があって綺麗な煮汁になります。

 

ご飯とミソ汁、他のおかずも用意し、こんな感じになれば栄養万点です。

材料が新鮮で、ダシも良く、買った物とは比較にならないほど美味しいです。

タグ

2017年3月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:煮物

このページの先頭へ